火山灰は犬に有毒ですか?

火山灰は犬に有毒ですか?

火山灰はペットに有毒であり、また非常に研磨性があります。 動物は火山活動によってもたらされる危険に対して脆弱です。 あなたの動物はあなたの責任です。 緊急時に備えて、計画にそれらを含める必要があります。

以下の情報は、あなたの福祉を確保するための準備に役立ちます 火山噴火の犬。 エアロゾルなどの多数の危険な粒子やガスが火山灰で運ばれます。 これらのいくつかは次のとおりです。 二酸化炭素、硫酸塩(二酸化硫黄)、塩酸、フッ化水素酸。」

犬の飼い主はまた、灰がペットの毛皮やコート、皮膚や目に付着してすぐに洗い流すように警告されています。 これを行わないと、灰が接触部分に損傷を与え、細菌感染を引き起こす可能性があります。 近くで火山が噴火した場合、ペットの飼い主はできるだけ屋内で動物を飼うことをお勧めします。

犬の火山噴火灰の健康への懸念

フードボウルとウォーターボウルは火山灰から保護する必要があります。 ペットが灰を消費すると、中毒や潰瘍を引き起こす可能性があり、少量でも大きな悪影響を与える可能性があります。 ペットが使用するおもちゃや寝具が火山灰で汚染されないようにすることも重要です。

ペットの飼い主はさらに、咳、呼吸困難、くしゃみ、下痢、うつ病、過度のよだれ、便秘、食欲不振、嘔吐などの病気の兆候に注意する必要があることを忘れないでください。

火山灰から犬を守るためのヒント

犬が火山灰の悪影響を受けていると疑われる場合、および/またはこれらの症状のいずれかを示している場合は、獣医に連絡する必要があります。

火山の噴火の際に犬を安全に保つにはどうすればよいですか? 動物福祉と環境保護グループからのいくつかのヒントは次のとおりです。

ペットを屋内に保管する

ペットを灰から屋内に遠ざけることをお勧めします。 家畜のような大きな動物は、厩舎やあらゆる形態の避難所に安全に押し込める必要があります。

ペットフード、水入れを露出させないでください

ペットの飼い主は、山羊や羊の餌として一般的に使用されている草や植物をすすぎ、灰がないことを確認する必要があります。

呼吸器系の問題の可能性に注意してください

ペットが咳、くしゃみ、呼吸困難などの症状を示した場合は、常駐の獣医に診てもらうのが最善です。

あなたの犬に風呂を与える

あなたが灰の中で外にいるなら、それが屋内に戻ったらあなたの動物から灰を洗い流すことは時間の価値があります。 この摂取は動物を病気にする可能性があるので、彼らに灰をなめさせないでください。

火山灰への長時間の曝露と接触は、無数の原因となることが証明されています 健康被害 鼻、口、目の炎症、気管支炎のような病気、さらには灰の落下による事故による怪我などの犬に。 しかし、あなたはおそらく必要だと思っていますが 措置 この災難から身を守るために、ペットの安全も考慮に入れていただきたいと思います。

火山灰および有毒化学物質の犬用エアフィルターマスク